「こんなのアリ!?」加湿器がなくても部屋を加湿する方法まとめ

「こんなのアリ!?」加湿器がなくても部屋を加湿する方法まとめ

 

加湿しないといけないお部屋の目安・理想の最適湿度

 

室内の湿度をコントロールするのは難しいと感じられている方が多いようです。

 

家やマンションの造りによって異なりますが、近年高気密高断熱住宅が増えてきているので室内温度は快適に保ちやすくなった一方で、室内が乾燥しやすくなり加湿器が必須になったという意見があります。でもところかまわず加湿器をかけても効果が出ないどころか、家や住人に様々な症状を引き起こしてしまう原因にもなりかねないので、快適な湿度をどうコントロールすべきなのかは重要であると言えます。

 

室内で快適な湿度は40〜60%とされています。40%以下になると、肌やのどに乾燥を感じ、風邪をひきやすくなったりインフルエンザの菌が活動しやすくなります。また60%以上に湿度がなると、カビの繁殖につながってしまいます。

 

湿度は人間の感覚では計ることが難しいようですので、湿度計を使って管理をすることをお勧めします。最近のエアコンは制御機能付きが多く、常にエアコン本体が温度を管理するようになっていますので、特に湿度に関しては人間の側のこまめなチェックが必要になってきます。

 

日本の気候を考えると、季節ごとに湿度が変わりますので、季節に応じた湿度コントロールが求められます。

 

 

加湿器なしで簡単に部屋を加湿する5つの方法

 

@洗濯物を室内に干す方法はやはり効果があります。湿度がすぐに上昇するような即効性はないですが、じわじわと加湿効果が期待できます。またお風呂上がりに使ったバスタオルを干しておいたり、部屋のカーテンを洗ってカーテンレールにそのまま干しておくことによっても部屋に湿度を与えてくれるます。

 

A風呂場のドアを開けておくことによって加湿を促すことができます。お風呂の蒸気が部屋に行くように開けておくと自然と加湿され有効活用できます。ただ湿気をこもらせてしまうような脱衣所の造りになっている場合などには、逆にカビの原因をつくってしまうことにもなりかねないのでご注意ください。

 

Bコップなどに水・お湯を入れて加湿するという方法です。これは限定的な効果に限られますが、寝ているそばに置いておくこともできますし、オフィスで自分のデェスクに置いていくことによって自分の周りを加湿することができます。

 

C床を水拭きすることによって部屋全体を加湿することができます。絨毯を敷き詰めておられるご家庭では難しいかもしれませんが、フローリングや畳で水拭きを実践していただくと一定の水分が保たれてます。部屋も綺麗になりますし嬉しいことづくしです。

 

D観葉植物を置くことによって、植物から発生する水分が蒸発してくれるという方法があります。植物の様子を見ると乾燥具合も見て取れますので、植物も大切にできますし、部屋の乾燥も防ぐことができます。

 

 

まとめ

 

肌も乾燥しないし、のども痛くなることもないという方もおられるでしょう。でも加湿することにはメリットがあります。

 

加湿することは、インフルエンザや風邪のウイルスの活動を抑制してくれる働きがあります。また人間の体が乾燥するとウイルスを体から出そうとする働きが低下しますが、湿度のおかげでウイルスを排除する機能を増すことができます。さらに加湿はホコリの拡散を防止してくれますので、静電気の防止に一役買ってくれます。

 

湿気はカビやダニの餌になってしまうということにとらわれがちですが、適度な湿度がなければ私たちの健康が脅かされることになってしまいます。湿度があることのメリットとデメリットをよく知り、自宅のものを上手に活用・工夫することによって日本の四季に順応した快適な湿度を自分たちでつくっていきたいと思います。